actions

エドワード6世 (イングランド王)


エドワード6世Edward VI, 1537年10月12日 - 1553年7月6日)は、テューダー朝イングランド王(在位:1547年1月28日(戴冠は2月20日) - 1553年7月6日)。父はヘンリー8世。母は王の3番目の妃であるジェーン・シーモア

生涯

ヘンリー8世の男児で唯一存命していたエドワードは、父の死に伴い9歳で即位した。ヘンリー8世は幼い息子を一握りの権臣が操ることを警戒し、顧問団に集団で補佐させるよう遺言を書いていたが、エドワードの母方の伯父であるエドワード・シーモアが握りつぶした。エドワード・シーモアはエドワード6世の即位直前にサマセット公位を創設し、自ら護国卿(摂政)となってイングランドの事実上の支配者となった。

ヘンリー8世は生前、エドワードをスコットランド女王メアリー・ステュアートと結婚させ、スコットランドをイングランド管理下に置く構想を持っていた。エドワード・シーモアはこれを引き継ぎ、スコットランドに攻め込んでメアリーを連れ去ろうとした。しかし1548年、メアリーの母でスコットランドの摂政皇太后であったメアリー・オブ・ギーズが、自らの母国フランスの王太子フランソワ(フランソワ2世)とメアリーを結婚させたため、この計画は実現しなかった。

1552年、エドワード・シーモアが反逆罪で処刑されると、ノーサンバランド公ジョン・ダドリーが実権を握り、若き王に政治教育を行った。しかしエドワードの病状から死期が近いと悟ったジョン・ダドリーは、エドワード亡き後について画策する。ヘンリー8世が1543年に制定した法律では、継承順位はエドワード、メアリー(後のメアリー1世)、エリザベス(後のエリザベス1世)であったが、1553年5月21日、自分の六男ギルフォードをエドワードの従姉フランセス・ブランドンの娘ジェーン・グレイと結婚させ、本来は継承順位が低い[1]ジェーンを後継として指名する遺言を死の床にあるエドワードに迫った。結局エドワードはそれを了承し、7月6日に15歳で死亡した。その4日後、ジョン・ダドリーがジェーン・グレイが女王となると宣言し、ジェーンは戴冠式に備えるためロンドン塔に入った。

ダドリー一派の目論見を危険視した政府は、急遽王女メアリーをロンドンへ呼び戻し、7月19日、民衆の熱烈な支持を受けながらメアリーは法に基づく正統の女王としてロンドンに帰還した。ジョン・ダドリーと息子ギルフォード、ジェーン・グレイは反逆罪で斬首刑となった。

エピソード

  1. ヘンリー8世の妹メアリー・テューダーの外孫であり、テューダー家の男系の血筋でない上に、実母であるフランセス・ブランドンが存命であった。

参考文献

  • 小西章子『華麗なる二人の女王の争い』
  • Jane Dunn "Elizabeth& Mary"(年表)