actions

メアリー (スコットランド女王)


メアリー・ステュアートMary Stuart, 1542年12月8日 - 1587年2月8日(グレゴリオ暦2月18日))

スコットランド女王 (在位 1542~67) 。誕生1週間で父ジェームズ5世の死により即位。 1548年フランス宮廷に送られ,58年皇太子 (のちのフランソア2世) と結婚。翌年フランス王妃となったが,夫の死去 (60) により,61年スコットランドに帰国。当初はプロテスタントの異母兄マレー (伯) に頼ったが,65年カトリック教徒のダーンリー卿と再婚,王子 (のちのジェームズ6世,イングランド王としては1世) が生れたが,D.リッチオの殺害などにより夫と不和に陥り宮廷は混乱した。 67年ボスウェル (伯) がダーンリー卿を殺害し,メアリーと結婚したため,反対派貴族がカーベリーヒルで彼女と対決し,ジェームズを擁立して彼女を廃位した。 68年5月メアリーはイングランドに脱出しエリザベス1世に保護を求めたが,メアリーはヘンリー7世の曾孫でイングランド王位継承権をもっていたため,エリザベスに危険視され,以後 19年間イングランド各地に幽閉された。その間,たびたび4代ノーフォーク (公) らの陰謀に利用され,ついにバビントン陰謀事件に加担した罪で斬首刑に処せられた。



楽天市場検索: