actions

エドマンド1世 (イングランド王)


エドマンド1世Edmund I または Eadmund, 922年 - 946年5月26日)は、イングランド王(在位:939年10月27日 - 946年5月26日)。「the Elder」、「the Deed-Doer」、「the Just」、「the Magnificent」とも呼ばれる。

生涯

エドマンドはエドワード長兄王と3人目の妻エドギフ(またはエドギヴァ。ケントのエアルドルマン、シゲルムの娘)の息子として生まれた。先代王のアゼルスタンにとっては異母弟にあたる。

939年10月27日にイングランド王アゼルスタンが亡くなり、エドマンドが王位を継承した。王を宣言した直後、エドマンドはいくつかの軍事的脅威に直面した。ダブリンオラフ3世English版ノーサンブリアを征服し、イングランド中部地方に侵略してきたのだ。しかし942年にオラフ3世が死に、エドマンドはイングランド中部地方を再征服した。943年にはヨーク王オラフの後見人となり、944年にはノーサンブリアの再征服に成功した。同年、エドマンドと同盟を結ぶヨーク王オラフが王位を失い、アイルランドのダブリンに去った。オラフはダブリン王オラフ・クアランになり、引き続きエドマンドと同盟を保った。945年、エドマンドはストラトクライドEnglish版を征服したが、領有権をスコットランド王マルカム1世に譲り、引き替えに軍事的な相互援助条約に署名した。こうしてエドマンドは国境の安全政策ならびにスコットランドとの平和的関係を確立した。エドマンドの統治期、イングランド国内の修道院の復活が始まった。

946年、エドマンドは追放された盗賊レオファ(Leofa)によって殺害された。 パックルチャーチEnglish版でミサを行っている時、エドマンドは群衆の中にレオファを見つけた。レオファは去ることを拒否し、エドマンドらと戦いになった。この戦いでエドマンドとレオファは共に死んだ。

エドマンドの王位は弟のエドレッドが継承した。エドレッドは子供がいなかったので、エドレッドの後はエドマンドの息子たちがイングランド王になった。以下の2人である。

外部リンク