actions

エドガー (スコットランド王)


エドガーEdgar, 1072年 - 1107年1月8日)はスコットランド王(在位:1097年 - 1107年)。マルカム3世イングランド王(サクソン人王)エドマンド2世の息子エドワード・アシリングの娘マーガレットの三男。ダンカン2世の異母弟。

生涯

1094年ドナルド3世は、ダンカン2世を殺害、王位に復した。それに対して、エドガーは1097年イングランドウィリアム2世の援助を受け、ドナルド3世廃位の軍を起こし、ドナルド3世を捕らえ、王位についた[1]

エドガーは、イングランドに対して従順な姿勢をとる一方で、1098年にはノルウェーマグヌス3世に屈服して、キンタイアヘブリディーズ諸島といった西部領域をノルウェー領として認めた[2]

こうした弱腰の外交のため、エドガーは「平和愛好者」と呼ばれた[2]。また、彼はエディンバラ城をスコットランド王の王宮として使用した最初の王として知られる[2]。エドガーは生涯を独身で通し[3]、次弟アレグザンダー(アレグザンダー1世)を後継者に指名した。1107年、エディンバラ城で没した。

脚注

  1. 森、p. 52
  2. 2.0 2.1 2.2 森、p. 53
  3. トランター、p. 60

参考文献

  • 森護 『スコットランド王室史話』 大修館書店、1988年
  • ナイジェル・トランター 『スコットランド物語』 大修館書店、1997年