actions

ウィリアム・ローズクランズ

ウィリアム・スターク・ローズクランズ(英:William Rosecrans、1819年9月6日-1898年3月11日

発明家、石炭油会社社長、外交官政治家アメリカ陸軍士官である。南北戦争のときに北軍の将軍として名声を得た。

第二次コリンスの戦いストーンズリバーの戦いおよびタラホーマ方面作戦など西部戦線における有名な戦いでの勝者だったが、その軍歴は1863年チカマウガの戦いで惨めな敗北を喫して事実上終わった。




楽天市場検索: