操作

ウィリアム・スミス・クラーク

William Smith Clark、1826年7月31日 - 1886年3月9日

アメリカの教育家で化学鉱物学者。アマースト大学卒業後,ドイツ,ゲッティンゲン大学で博士号を取得。帰国後,母校の教授などを経て,1867年マサチューセッツ農科大学の学長に就任。 76年,北海道開拓使長官黒田清隆に招かれて来日。北海道大学の前身である札幌農学校の草創期に教頭として活躍した。8ヵ月という短期間に,キリスト教的感化によって佐藤昌介,大島正健,中島信之,内村鑑三新渡戸稲造,宮部金吾などの直接間接の弟子を育成した。決別に際して学生たちに残した"Boys,be ambitious"という言葉とともに,その徳化は長く日本の教育界に伝えられている。帰国後は不遇のうちに過した。