actions

イングランドの国歌


イングランド国歌(案)
女王陛下万歳
エルサレム (聖歌)
希望と栄光の国
我は汝に誓う、我が祖国よ
関連画像
イングランドの国旗とユニオンフラッグ

(提案者)歌の対象
イングランドの旗 イングランド

採用時期 未定
テンプレートを表示

イングランド国歌は公式に定められたものはないが、その役割を果たす多くの曲が存在する。ほとんどのスポーツのイングランド代表の曲として、イギリスの国歌である「女王陛下万歳」が使用されている。

スポーツにおける現在の国歌

現在以下の曲が使用されている。

総合スポーツイベント

  • コモンウェルスゲームズではコモンウェルスゲームズ・イングランド代表は、2010年大会では『エルサレム』を勝利の曲として使用した。コモンウェルスゲームズ理事会はイングランドのために国歌を決める世論調査を行った。『女王陛下万歳』『エルサレム』『希望と栄光の国』の3つの提案のうち、『エルサレム』が投票の52%を占め明確に支持された[1]

単独スポーツ競技会

  • サッカーの国際試合ではサッカーイングランド代表は『女王陛下万歳』を使用している。
  • ラグビーユニオンの国際試合では、ラグビーイングランド代表は『女王陛下万歳』を国歌として使用する一方で『希望と栄光の国』をキックオフ直前の曲としている。
  • ラグビーリーグの国際試合ではイングランド代表は『女王陛下万歳』を国歌として使用している。
  • テストクリケットの国際試合ではイングランド代表は、2003年から『エルサレム』を入場曲に使用している[2]
  • ラクロスの国際試合ではイングランドラクロス男子代表は『女王陛下万歳』を女子代表は『希望と栄光の国』を国歌として使用している。

他のイングランドの愛国歌

我は汝に誓う、我が祖国よ』は有力なイングランド国歌候補である。しかしながらこの曲は第一次世界大戦の戦没者追悼と常に結びついている。 他のイングランド国歌になりうる愛国曲には『Rose of England』のような伝統的な歌もある。1937年アイヴァー・ノヴェロ がミュージカルCrest of the Waveのために書きヴェラ・リンによって人気を博した。歌詞の花はイングランドの国章に使用されているテューダー・ローズである。"w:There'll Always Be an England"もまた愛国曲であり、1940年に書かれ広まり、第二次世界大戦を通じて高い人気を博した。この曲はw:Ross ParkerHarry Par-Daviesの作曲で、歌詞は w:Hugh Charlesによる。しそてもっとも人気のあるヴァージョンはヴェラ・リンによる歌唱のものである。English folk singer Maggie Hollandによる"A Place called England" のような現代の愛国曲も提案されており、この曲は2000 BBC Radio 2 Folk Awardsで「ベスト・オリジナル・ソング賞」を受賞した[3]

脚注

  1. England announce victory anthem for Delhi chosen by the public!”. Commonwealth Games England (2010年5月30日). . 2012閲覧.
  2. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「bbc4217144」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  3. “BBC Radio 2 Folk Awards Previous winners”. BBC Radio 2 Folk Awards. http://www.bbc.co.uk/radio2/r2music/folk/folkawards2006/previouswinners.shtml . 2008閲覧. 

関連項目

外部リンク