actions

アコーホテルズ

アコーホテルズ (AccorHotels) はフランスパリを本拠とし、世界規模で展開するホテルチェーン。CAC 40銘柄。

概要

世界中90か国以上で3,500軒以上のホテルを展開している。その売上の内訳を他の大手ホテルチェーンと比較すると、他の大手ホテルチェーンは北米に集中しているのに対し、アコーホテルズはヨーロッパ市場で売上の大半を占めている。アコーホテルズは北米での力が比較的弱く、全売上の約20%に過ぎない。パリにあるアコーホテルズ・アリーナの命名権を持っている。

2015年12月、同業のFRHIホールディングスを買収すると発表した[1]2016年7月に買収を完了し、新たにフェアモント・ホテル、ラッフルズ・ホテル、スイス・ホテルの3ブランドが加わることになった[2]

主なブランド

フェアモント・ラッフルズ・ホテルズ・インターナショナル(FRHI)

バジェットホテル(廉価ホテル)からラグジュアリーホテル(高級ホテル)まで、幅広いカテゴリーのブランドのホテルを持っているホテルチェーンは、アコーだけである。 以前、東京六本木にあった「ホテルアイビス六本木」はアルファベットで「Ibis」と表記するがアコーホテルズとは無関係であった。

日本における展開

※FRHIのホテルについては、フェアモント・ラッフルズ・ホテルズ・インターナショナルを参照

メルキュール

イビス

  • イビススタイルズ札幌(旧 ベストウエスタンホテル札幌中島公園)
  • イビス東京新宿(旧 スターホテル東京)
  • イビススタイルズ京都ステーション(旧 ホテルビスタ京都[八条口])
  • イビススタイルズ大阪(旧 ホテルメトロThe21)

開業予定のホテル

  • イビス大阪梅田(2018年10月に開業予定)[3]
  • プルマン東京田町(2018年秋に開業予定)[4]
  • ノボテル沖縄那覇 (旧:沖縄都ホテル) 沖縄県那覇市、モルガン・スタンレーの関連会社が土地と建物を取得し、2018年1月22日に閉館後、改修をへて同年8月を目処に開業予定。沖縄県内では同じ那覇市にあるメルキュールホテル沖縄那覇に続き二軒目の同ホテルチェーンである。
  • 名称未定(京都市東山区、Mギャラリーのブランドで2019年春に開業予定)[5]

チェーンを離脱したホテル

出典・脚注

  1. アコー、ラッフルズなど3ブランド傘下に、親会社買収で”. トラベルビジョン (2015年12月16日). . 2016-1-1閲覧.
  2. アコー、ラッフルズなど3ブランド買収、154軒を追加”. トラベルビジョン (2016年7月18日). . 2016-7-30閲覧.
  3. 「イビス大阪梅田」ホテル開発に関するお知らせ”. コスモスイニシア (2017年7月31日). . 2017-8-21閲覧.
  4. (仮称)TGMM芝浦プロジェクト ホテル棟 出店者決定”. 三井不動産 (2017年5月16日). . 2017-5-28閲覧.
  5. アコーホテルズグループとの業務委託契約締結に関するお知らせ”. ウェルス・マネジメント株式会社. . 2018-4-18閲覧.
  6. ホテル名称変更のお知らせ ホテルウェルコ成田

外部リンク

テンプレート:CAC 40