actions

いいじゃないの幸せならば

いいじゃないの幸せならば』は、佐良直美シングル。1969年7月15日発売。発売元は日本ビクター

解説

佐良直美は1969年に開催された『第11回日本レコード大賞』で大賞を本楽曲で受賞した。第9回では新人賞を獲得しており、同賞では橋幸夫に続いて史上二人目の2冠(新人賞と大賞)となった[1]1969年のオリコン年間ヒットチャートでは、第22位にランクイン。

また、1969年の『第20回NHK紅白歌合戦』でも本楽曲が歌唱された。

作曲者は、佐良の歌手デビュー曲「世界は二人のために」同様にいずみたく。いずみが著書の中で「とんでもない作詞をしてきたものである」と述懐した[2]、退廃的な歌詞は岩谷時子によるもの。2005年11月25日にフジテレビ系で放送されたテレビドラマ女の一代記 越路吹雪 愛の生涯〜この命燃えつきるまで歌う〜』(越路吹雪役:天海祐希、岩谷時子役:松下由樹)では、本楽曲のタイトルが生まれたエピソードが描かれている。

2008年11月と12月に歌手・桑田佳祐が開催したチャリティ・ライヴ“アクト・アゲインスト・エイズ(Act Against AIDS)”の2008年公演「桑田佳祐 昭和八十三年度!ひとり紅白歌合戦」内でカヴァーされた。翌2009年3月にはDVDソフト化もされている。その他のカヴァー例は、下記「#主なカヴァー」参照のこと。

収録曲

  1. いいじゃないの幸せならば
  2. 涙のおさけ

主なカヴァー

収録作品

関連項目

脚注

  1. 橋幸夫第2回に「潮来笠」で新人賞、第8回に「霧氷」で大賞を受賞。女性では佐良が初である。
  2. CD『時を超えて生きていく歌~作詞家・岩谷時子の世界』(2014年・徳間ジャパン)ブックレットの楽曲解説