actions

斑尾山

2018/10/5/ (金) 01:05時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)


斑尾山(まだらおやま、まだらおさん)は、長野県飯山市信濃町との境にある、標高1382mの火山北信五岳のひとつ。約70万年前頃から51万年前にかけて活動した[1]

概要

北信五岳の中で標高が一番低く、飯綱山(1,917m)、戸隠山(1,904m)、黒姫山(2,053m)、妙高山(2,454m)と比べても斑尾山は際立って低いにもかかわらず、北信五岳の一つとなっている。これは5つの山を中野市周辺から眺めた場合、一番近い斑尾山が他の山とあたかも同じような高さで見えるためである。頂上には、薬師如来を祭ったがあり、祠の中には13体の如来像が祀られている。像は祠から出すことができるが、一旦出すと、一体だけ収めることが難しくなる。伝承によると、この像を出し入れすると雨が降るとされる。

ファイル:Kurohime3.JPG
西の黒姫山から見た斑尾山

斑尾山のふもとの斑尾高原には斑尾高原スキー場タングラムスキーサーカスがある。

ナウマンゾウ化石で有名な野尻湖は、斑尾山の噴出物により川がせき止められてできたとの説もある。

唱歌

文部省唱歌ふるさと」に歌われている「うさぎ追いしかの山」は、この斑尾山をさし、「こぶな釣りしかの川」は斑尾川を指しているという説がある(異説あり)。

脚注

  1. 日本の火山 斑尾山 - 産業技術総合研究所 地質調査総合センター

関連項目

外部リンク