actions

小アグリッピナ

2018/7/24/ (火) 10:03時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「Agrippina Minor [生] 15. アラ・ウビコルム<br> [没] 59. パウリ<br> ローマ皇帝ネロの母。皇帝クラウディウス1世の妃。 ゲルマニ…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

Agrippina Minor

[生] 15. アラ・ウビコルム
[没] 59. パウリ

ローマ皇帝ネロの母。皇帝クラウディウス1世の妃。

ゲルマニクス・カエサルとアグリッピナ (大) の娘。 28年グナエウス・ドミチウス・アヘノバルブスと結婚,ネロを生む。 39年兄のガイウス帝に対する陰謀のかどで追放されたが,41年ローマに帰り,49年叔父にあたるクラウディウス帝と結婚,連れ子のネロを養子にさせ,帝と前妃メッサリナとの娘オクタウィアと結婚させ,ついに 54年クラウディウスを毒殺してネロを帝位につけた。

ネロの治世の初期には権力をふるったが,やがてネロと対立し,ネロの刺客によって殺された。