actions

カルメル山

2018/8/19/ (日) 18:11時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)


カルメル山(カルメルさん、ヘブライ語: הר הכרמל‎[欧字表記:Karem El / Har Ha'Karmel]、アラビア語: جبل مار إلياس‎[欧字表記:Jabal Mar Elyas])は、イスラエル北部のハイファ地区ハイファに所在するであり、南北39kmにわたって広がる丘陵地である。

ムスティエ文化に属するネアンデルタール人類の洞窟遺跡が発見されており、また、中石器時代ナトゥーフ文化に属する遺跡がある。カルメル会発祥の地である。カーメル山と表記されることもある。

人類の進化を示す遺跡

旧石器時代の人類遺跡

ファイル:Handaxes Israel Tabun 1934-12-15 tray.jpg
タブーン洞窟English版遺跡で発見されたネアンデルタール人類の石斧/イギリスはロンドン大英博物館所蔵。
エル=ワド洞窟遺跡の埋葬人骨

2度目の出アフリカ(人類の揺籃地であるアフリカ大陸からユーラシア大陸への進出。cf. アフリカ単一起源説)を果たしたいくつかの亜種からなる化石人類ホモ・エレクトゥスホモ・ハイデルベルゲンシスホモ・サピエンスなど)にとっては、重要な通過地点の一つであったと考えられる。アフリカ大陸の外で発見された最も古いホモ・サピエンスである可能性を主張されている化石人類の化石(胸の上に顎骨を置かれて埋葬された成人男性の頭蓋骨化石)もカルメル山南麓にあるスフール洞窟English版遺跡(約10万年前)からもたらされている[1]。また、逆に、ヨーロッパ大陸発祥であるネアンデルタール人類(ネアンデルタール人の系統人類、Neanderthal-type)の一種と見られるタブーン人 (Tabun man) の化石と生活痕(ムスティエ文化に属する)も、タブーン洞窟English版遺跡(約12万年前)から発見されていて、アフリカ近くにまで南下してきた北方系古人類も到達していたことが分かっている[2]。このタブーン人は、合同の調査チームが1929年から1934年にかけての発掘調査で発見したもので、成人女性の全身骨格1体と成人男性の下顎骨1個である[2]。なお、先のホモ・サピエンスかも知れない古人類の遺跡とタブーン洞窟はわずか50m程度しか離れていない[1]


中石器時代の遺跡

ナトゥーフ文化は、最終氷期の終了と共に西アジア旧石器時代終末期に現れた中石器文化であり、西アジアにあるワディ・アン・ナトゥーフ遺跡を標式地とした、紀元前10500年から紀元前8300年まで栄えたものであるが、カルメル山麓にあるエル=ワド洞窟English版の遺跡もその一つである。この遺跡からは、細石器を中心とした打製石器や骨製の装身具を始め、定住生活の傾向や農耕の兆しが見出せる。


諸宗教の聖地

エリヤが、バアルの預言者達と対決して、破った場所とされる。

キリスト教聖地の一つである。このため19世紀にはキリストの再臨を信じるドイツ人入植地 (cf. en:German Colony, Haifa) を建設し、その際に建設された発電所や工場がハイファの近代化の先駆けとなった。

ほぼ同じ頃にバハーイー教の本拠もここに移り、現在では聖地として「万国正議院」やバハイの寺院、インターナショナルティーチングセンターがある。


山火事

カルメル山の山火事英語: Mount Carmel forest fire (2010)


ギャラリー

脚注

  1. 1.0 1.1 Timeline in the Understanding of Neanderthals”. Athena Publications.com. Athena Publications, Inc. . 2012閲覧.
  2. 2.0 2.1 Excavations and Surveys” (英語). The Zinman Institute of Archaeology. University of Haifa. . 2012閲覧.

関連項目

外部リンク

テンプレート:聖書地理


テンプレート:IL-stub