actions

エッセ

2018/8/19/ (日) 21:43時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)


エッセラテン語Esse)は、キリスト教スコラ哲学における神学用語で、から事物に付与される「存在性」を意味する。ラテン語の動詞 sum(存在する・ある・コプラ動詞)の不定形である。

トマス・アクィナスの思想の中核概念とされる。

ヘーゲルハイデッガー哲学用語としての「ザイン Sein(「存在する」という動詞の不定形)」は、エッセの概念を参照している。