actions

アレクサンドル・プーシキン

2017/12/16/ (土) 22:00時点におけるja>ノフノフによる版 (生涯)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)


アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン[1]ロシア語: Александр Сергеевич Пушкин1799年6月6日旧暦5月26日) - 1837年2月10日(旧暦1月29日))は、ロシア詩人作家。ロシア近代文学の嚆矢とされる。

生涯

モスクワに出生。父親は由緒ある家柄のロシアの地主貴族。母親の祖父アブラム・ペトロヴィチ・ガンニバルは、ピョートル1世に寵愛された黒人奴隷上がりのエリート軍人であった。おじのワシーリイ・リヴォーヴィチEnglish版は詩人であり、カラムジンドミートリエフEnglish版などの当時の詩人らがプーシキン家に出入りしていた。プーシキンは早くから文学に親しみ、また乳母はロシアの民話や民謡に詳しく、彼に影響を与えた。ペテルブルク郊外のツァールスコエ・セロー(現在はプーシキンと呼ばれる)にあったリツェイ(学習院)での公開試験で朗読した自作の詩『ツァールスコエ・セローの思い出』が、デルジャーヴィンに認められる。これを機に、その才能はロシアの文学界に広く知られるところとなった。1820年、最初の長編詩『ルスラーンとリュドミーラ』を発表。

次第に政治色を帯びた詩を発表するようになり、文学的急進派の代弁者となっていった。それを疎んだ政府は、1820年に彼をキシニョフへ送る。1823年までキシニョフに留まった。その間、夏にカフカース(コーカサス)とクリミアに旅して長編詩『コーカサスの虜русский版』(: Кавказский пленник: Prisoner of the Caucasus)や『バフチサライの泉』を書き、高い評価を得た。1823年にはオデッサに移り住むが、再び政府と衝突し、1824年に両親の住む北ロシア、プスコフ県ミハイロフスコエ村に送られる。この時期にシェークスピアを愛読し、『ボリス・ゴドゥノフEnglish版』などの戯曲を書いている。1826年、皇帝ニコライ1世への嘆願が認められてペテルブルクに戻る。しかし、1825年に起こったデカブリストの蜂起の後の締め付けのために、デカブリスト(十二月党員)に友人をもつプーシキンは、北ロシアにいた時期に書いた『ボリス・ゴドゥノフEnglish版』などの詩を発表することが許されず、政府の監視のもと、窮屈な生活を余儀なくされる。ニコライの創設した秘密警察である皇帝官房第三課は、長官アレクサンドル・ベンケンドルフ伯爵のもとでプーシキンへの監視を行った[2]。結婚の前年の1830年には、ボルジノрусский版にてロシア初の短篇小説集『ベールキン物語русский版English版』、叙事詩『コロムナの家русский版』、『ヌーリン伯爵русский版』、韻文小説『エヴゲーニイ・オネーギン』を完成する。

1831年ナターリア・ゴンチャロワと結婚。プーシキンとナターリアの間には、1832年に小説『アンナ・カレーニナ』のモデルとして知られる長女マリアрусский版、1833年に長男アレクサンドル、1835年に次男グリゴリー、1836年に次女ナターリア(孫はゾフィー・フォン・メーレンベルク)の、計2男2女が生まれた。

1833年オラルオレンブルクを訪問。

1836年、雑誌『同時代人』を創刊。ニコライ1世の強権的な専制政治の圧政下、検閲や発禁処分など言論への弾圧に反発した。同年11月、『大尉の娘』を第4号に発表。その後、低位の階級を与えられ帝室への出入りを許されるが、この申し出を、名うての美人で、密かに慕う者が多かったと言われる妻ナターリアを帝室に出入りさせるためのものとして、屈辱と受け取った。プーシキンの進歩思想を嫌った宮廷貴族達は、フランス人のジョルジュ・ダンテスをたきつけ、ナターリアに言い寄らせる。やがて、プーシキンは妻に執拗に言い寄るダンテスに決闘を挑み、1837年1月27日、ペテルブルグ北郊のチョールナヤ・レチカで決闘を行った[3]。この決闘で受けた傷がもとで、その2日後に息を引き取った。政治的な騒動を恐れた政府は、親しい者だけを集めて密かに葬儀を執り行った。遺体はミハイロフスコエ付近のウスペンスキー大聖堂の墓地に埋葬された。

評価と影響

プーシキンは、はじめて作品のなかに積極的に口語を取り入れて独自の語りの文体を作り上げて近代文章語を確立し、さらに新しい国民文学をも確立して後代のロシア文学に影響を与えた。ヴィッサリオン・ベリンスキーは、最初の国民詩人としてプーシキンを評価している。プーシキンの死を知った詩人ミハイル・レールモントフは、「詩人の死」という題名の詩を書き、殺害者としての上流社会を告発した。

『エヴゲーニイ・オネーギン』の主人公オネーギンは、ロシア社会になじめない青年の典型とされた。ヒロインのタチヤーナは情熱的な女性で、貴族の出身でありながら農民文化の理解者でもあり、その後のロシア文芸の女性像に影響を与えた。

逸話

決闘によって死ぬ以前、プーシキンは強運の持ち主として知られ、数多くの決闘で、自分は一切撃たず、相手に撃たせ、いずれも弾が外れ、当然の如く笑って済ませていたという逸話がいくつかある[4](死ぬこととなる決闘においても、出血して怒りの形相だったのが、最後の方では周囲に笑っていたとされる)。

  • 逸話1:若い友人と詩のことから喧嘩となり、決闘に至ったが、平然と笑いながらプーシキンは彼が撃つのを待ち、弾はそれた。大声で笑いながら友人の身体を抱いて、手を握った。侮辱されたと思った友はしきりに撃てというが、「僕のピストルはね、雪が詰まっちまったんだ」といって、笑いながら撃たなかった。
  • 逸話2:南ロシア・キシニェフの事。ある参謀将校(『人間の死にかた』の逸話を原文ママ)とバカラ賭博のことで決闘に至った。プーシキンはピストルの代わりに一袋の桜桃を持って立っていた。相手が狙っている間、終始桜桃を頬張り続け、弾が外れると、「どうだ、得心がいったか?」と言い、笑いながら立ったままだった。
  • 逸話3:有名なピストルの名手(『人間の死にかた』原文ママ)の軍人との決闘話。吹雪の中、夜会でも行くような気持ちで行ったプーシキンだが、この時は、双方とも2発撃った。しかし、互いに2発とも外れたとされ、介添に促されて中止になった。水のような彼の冷静さは常に友人達を驚かせた[5]

「漁夫と魚の物語」は脚色されて「きんいろのさかな」として紙芝居になっている。

作品

南ロシアにいた時期にはバイロンの影響を受け、「コーカサスの虜」などの詩を作っている。プスコフに移された時期からはシェイクスピアの研究を行い、ボリス・ゴドゥノフEnglish版などに影響が見て取れる[6]

関連作品

オペラ

プーシキンの作品の幾つかは、ロシア・ソ連の作曲家たちによってオペラ化されている。

などがある。

その他

脚注

  1. プーシュキンプシキンプシュキンとも表記される。
  2. 栗生沢猛夫『図説 ロシアの歴史』河出書房新社、2010年、89頁。
  3. 小町文雄『サンクト・ペテルブルグ』中央公論新社、2006年、51頁。
  4. 中野好夫 『人間の死にかた』 新潮選書 9刷1972年 p.222
  5. 以上、『人間の死にかた』 p.222より
  6. 「新版 ロシアを知る事典」内「プーシキン」項 平凡社 2004年1月21日発行

出典・参考文献

関連項目

外部リンク