actions

WebCL

WebCLWeb Computing Language)はプラグインなしでウェブブラウザCPUGPU などによるヘテロジーニアス並列計算を行うための標準仕様。主に、WebCL はマルチコア CPUGPU の真の計算速度をウェブアプリケーションが引き出すこと、物理エンジンや動画編集など計算量が多いプログラムをウェブブラウザ内で実行させることを可能にする。Samsung WebCL Prototype Demo では JavaScript 実装との比較で最大100倍高速化した[1]。WebCLはOpenCL同様、管理・設計を非営利団体の Khronos Group が行っている[2]。WebCL の仕様は2014年3月19日に最初のバージョンがリリースされた。[3]。WebCL 1.0は、ブラウザ上で利用できるOpenCL 1.1 Embedded Profileの派生規格であるが、細部に違いがある[4]

実装

現在、WebCL をネイティブにサポートしているブラウザはまだない。しかし、WebCL を利用するためのアドオンは存在する。

Nokia のサンプルコードでは <script type="x-opencl">、Samsung のサンプルコードでは <script type="x-kernel"> という形で HTML 内に OpenCL コードを記載して利用している。

アプリケーション

  • Sushi JavaScript Library - https://github.com/mil-tokyo/sushi
    • Firefox, Chromium-WebCL, Node.js から利用できるWebCLを利用した高速な行列計算ライブラリ

参考文献

関連項目

外部リンク

テンプレート:Khronos Group standards