操作

Speedpass


Speedpassスピードパス)とは、エクソンモービル系 (エッソ、モービル、ゼネラル石油)セルフサービスステーションエクスプレスでの給油などに使用できる決済方法の一種であり、給油機のリーダーにかざすだけで決済することができる仕組みである。日本国内での認知度はまだ高くないが、欧米では広く普及している。

なお、日本国内ではエクスプレスがJXTGエネルギーの新ブランド「Enejet」に転換されるのに伴い、2019年7月よりSpeedpassは「EneKey」に代わる予定[1]

特徴

  • スタンドによってはSpeedpassで決済すると割引となるなどの特典がある。
  • 任意のクレジットカードに請求できるので新たにカードを作る必要がない。
  • キーホルダー型であり、携帯が容易。
  • 無料で発行でき、年会費も無料。
  • RFIDによって無線通信を行う。
  • 1回につき15,000円未満、1日あたり4回までの決済制限がある。

注意事項

  • スタンドにて申し込み後に即時発行されるが、約10日後に利用開始の通知ハガキが届くまで利用できない。シナジーカードで登録の場合は、発行後すぐに利用できる。
  • 登録のクレジットカードの有効期限が更新されたら、デスクに電話する必要がある(シナジーカードは除く)

Speedpass+

2013年3月サービス開始。従来のSpeedpassの機能に加えQUICPaynanacoが搭載されている。これにより、QUICPayに対応するENEOS昭和シェル石油のスタンドでもSpeedpass+を利用できるようになった。また、Shell EasyPayのように「いつもの給油」(デフォルトの油種・数量)を設定できるようになっている(設定は店舗スタッフにより行う)。その一方で、エクスプレスでも一部非対応の店舗があるほか、登録できるクレジットカードに制限があることに注意を要する。

Speedpass plus 開始時より、登録可能であったクレジットカード
  • JCBグループ発行の銀行系クレジットカード
  • セブンカード/セブンカードプラス
  • トヨタ ティーエスキュービック(TS3) カード
後日、登録可能なクレジットカードに追加されたもの
  • Yahoo! JCB JCBカード (2014年08月01日より 追加)[2]
  • セディナ発行 OM / OMC 表示あるクレジットカード (2015年11月06日より 追加)[3][4]

脚注

関連項目

外部リンク