actions

Passbook

Passbookとはクーポン搭乗券、その他モバイル支払いEnglish版を利用するためのiOS対応アプリケーションである[1]アップルが開発し、2012年6月11日開催の2012 Worldwide Developers Conferenceで発表され[2]、同年9月19日にiOS 6と同時にリリースされた。iOS9でApple PayとPassbookが統合したWallet Appに移行し、Passbookは廃止された。

概要

PassbookはアズテックEnglish版PDF417QRといった2次元のバーコードを表示する。デジタルクーポンやチケットはこのアプリケーションでは「パス(pass)」と称される[3]。ユーザーが初めてPassbookを立ち上げると、アプリケーションをダウンロードするためにApp Storeに転送される。パスはiOSやOS X 10.8.2上のOS XアプリケーションSafariや内蔵メールアプリケーションで追加する[1]

このアプリケーションはiOS 6以降に対応し、iPhoneiPod Touchで動作するがiPadには未対応である[4]。Passbook起動中は、2次元バーコードの読み取りやすさ優先のため、画面の明るさが50%程になる。

脚注

  1. 1.0 1.1 Cipriani, Jason (2012年9月20日). “Getting started with Passbook on iOS 6”. CNET. CBS Interactive. . September 22, 2012閲覧.
  2. Trew, James (2012年6月11日). “Apple unveils iOS 6 at WWDC, launch apps with Siri, Facebook integration, Maps”. Engadget. AOL. . September 22, 2012閲覧.
  3. Apple Passbook and its potential impact on the travel industry”. Tnooz (2012年6月19日). . September 27, 2012閲覧.
  4. iOS What's New: Passbook”. Apple Inc.. . 26 September 2012閲覧.