actions

PSソリューションズ


PSソリューションズ株式会社は、ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社で行っていたシステムソリューション事業を会社分割により承継することで設立された会社。

事業領域は主に、オラクル社をはじめとした外資系IT企業のパートナービジネスを行う代理店事業、自社製ソフトウェアの開発・販売・サポート事業、ITアウトソーシング事業の3分野である。[1]

沿革

e-kakashi(いいかかし・イーカカシ・e-案山子)

PSソリューションズと日立製作所で共同開発された農業管理システム。2011年のソフトバンクイノベンチャーで提案され事業化された。農作物の栽培に関する温湿度、土壌水分、日射量などのデータを可視化し、栽培手法をまとめるIoTである。農業のIT化を推進するとともに、ノウハウを継承しにくい勘や経験による栽培からデータに基づいた科学的農業を実現し、就農者の世代交代や新規就農者の誘致・定着を推進することを狙いとして、2008年からソフトバンクモバイルにて、地方自治体農業協同組合、研究機関等と全国15カ所でフィールド実証をしてきた。[7]

子機、親機、クラウドデータベースから構成される。子機は温度湿度、土壌水分量、日射量、多点温度、二酸化炭素濃度のセンサーを備え、将来はpHセンサーの拡張も検討している。バッテリー駆動で商用化モデルは3年間利用できる予定。親機とは920MHz帯ZigBeeで通信し最大1kmほどの距離で利用できる。親機は3GLTE通信モジュールを内蔵し、子機100台分までのデータをクラウドにアップロードして蓄積を行なう。クラウドデータベースにはユーザーがスマートフォンタブレットでアクセスして生育状態等をモニターでき、蓄積されたデータからその土地にあうノウハウを集約した「ekレシピ」を作成する事で作物の状況を可視化したり、技術指導に活かす。[8]

親機1台、子機1台で利用する場合の機器代金は74万9,600円(税別)。アプリケーション利用料、通信料、機器管理料、クラウド利用料を含む月額利用料の最低価格は7,980円(税別)。[9]ターゲット層は農家ではなく自治体やJAの営農指導者向けに提供している。[10]

脚注

  1. グループ8400席の運用経験を活かし「ユーザー目線」のソリューション力を訴求”. コールセンタージャパンドットコム (2015年10月7日). . 2015閲覧.
  2. ソフトバンクグループの通信3社にCORELISを導入”. @コールセンター.JP (2010年9月8日). . 2015閲覧.
  3. Oracleとソフトバンクグループが提携、ExadataとExalogicのクラウドサービスを提供”. ITmedia (2011年5月18日). . 2015閲覧.
  4. 勘や経験に頼らない農業をIoTで実現”. 日経テクノロジー (2015年10月7日). . 2015閲覧.
  5. PSソリューションズ、農業IoT「e-kakashi」をサッポロビールのぶどう園へ”. マイナビニュース (2017年7月13日). . 2017閲覧.
  6. 農業IoT「e-kakashi」の実証実験がコロンビアで開始”. CNET Japan (2017年7月26日). . 2017閲覧.
  7. PSソリューションズ、農業IoT製品群の「e-kakashi」を10月14日に発売”. 日経テクノロジー (2015年10月8日). . 2015閲覧.
  8. 農業のノウハウをITでレシピ化する!農業IoT「e-kakashi」発表”. RBB TODAY (2015年10月8日). . 2015閲覧.
  9. PSソリューションズ、日立と共同開発した農業IoTソリューション「e-kakashi」を販売”. インプレス (2015年10月8日). . 2015閲覧.
  10. 農業で情報革命_「e-案山子」が秘める可能性(前編)”. GMBA (2015年10月8日). . 2015閲覧.

関連項目

外部リンク