actions

Miranda

Miranda
パラダイム 関数型宣言型
登場時期 1985年
設計者 David Turner
開発者 Research Software Ltd
型付け 強い静的型付け
主な処理系 Miranda
影響を受けた言語 KRCEnglish版MLSASL
影響を与えた言語 Haskell
テンプレートを表示

Miranda

遅延評価方式の純粋関数型プログラミング言語である。作者デビッド・ターナー(David Turner)による以前の言語SASLやKRCの後継でもあり、またMLやHopeの影響も受けている。イギリスのリサーチ・ソフトウェア社(Research Software Ltd.)が販売しており、同社の商標でもある。研究目的ではない商用を目指した最初の純粋関数型言語であった。

よくある例題を解くプログラムに関して言えば、Mirandaのコードは(APLなどを別とすれば)ほとんどの主流のプログラミング言語よりも簡単で短く表現でき、他の関数型言語と同様、信頼性の高いプログラムの開発が命令型言語に比べて短期間で可能になったという報告がある。

1985年に登場した。処理系の実装としてはUnix系向けのC言語で実装されたもののみがある。後発のHaskellは多くの面でMirandaの影響を受けている。

外部リンク



楽天市場検索: