actions

J-WESTカード

J-WESTカード(ジェイ ウエスト カード[1]J-WEST CARD

西日本旅客鉄道(JR西日本)と三菱UFJニコスおよび株式会社ジェーシービー (JCB) が提携して発行するクレジットカード

なお、ジェイアール西日本伊勢丹のJR MI CARDは三越伊勢丹ホールディングスグループのエムアイカードの発行であり、こちらはJR西日本関連の機能を持たない[2]

概要

2006年(平成18年)2月1日よりサービス開始。「エクスプレス」と「ベーシック」の2種類のカードから選択することができる。みどりの窓口e5489などでの乗車券特急券などの購入の決済に利用できる。

三菱UFJニコスがUFJカード(2012年7月16日発行分からはMUFGカード[3])でVISAおよびMasterCardブランドを、ジェーシービーがJCBカードをそれぞれ発行する他、与信・収納業務等を代行している。各ブランド共にゴールドカードの設定は無い。なお、JR西日本自体が貸金業登録を行い、信用情報機関 (CIC,CCB) にも加盟の上、発行元となっているため、募集窓口は各カード会社ではなく、JR西日本の「Club J-WEST事務局」となっているが、サポートデスクは各社に委託しているため、JCBとVISA/MasterCardで別々となっている。なお、JRグループの中ではJR西日本が唯一、国際ブランドのクレジットカードを自社で発行している(民鉄を含めても、国際ブランドのクレジットカードを自社で発行しているのはJR西日本と小田急電鉄のみ)[4][5]

なお、クレジットカード機能の一つとして提供してきた、キャッシングサービス・カードローンの金融商品は、会員の利用状況や関係法令の改正など、取り巻く環境の変化もあり、JCBブランドは2011年(平成23年)9月25日、VISA/MasterCardブランドは2011年9月30日をもって提供を終了し、それぞれのブランド共に、翌日以降はショッピング専用カードとなった[6]

2018年3月からApple Payにも対応している[7]

脚注

  1. 「J-WESTカード」の概要 (PDF) -ジェーシービー(2014年2月19日閲覧)
  2. ただし、国際ブランド経由でのスマートEXe5489の利用は可能である。
  3. 「UFJカード」のブランド変更に関するお知らせ 〜「UFJカード」は「MUFGカード」に変更になります〜(重要なお知らせ) - 三菱UFJニコス(2012年4月23日付)
  4. 大半の鉄道事業者は、カード会社との提携またはグループ企業による発行である。
  5. 以前は東日本旅客鉄道(JR東日本)もビューカードを自社で発行していたが、業務拡大に伴い「株式会社ビューカード」として2010年に分社化された。
  6. 「J-WESTカード」における金融商品提供終了について(プレスリリース) - JR西日本(2011年7月29日)
  7. Apple Pay対応のカード発行会社が追加となりました。 - ジェーシービー(QUICPay)、2018年3月13日。

外部リンク




楽天市場検索: