操作

2010 FIFAワールドカップ

2010 FIFAワールドカップ
2010 FIFA World Cup South Africa
大会概要
開催国  南アフリカ共和国
日程 2010年6月11日 - 7月11日
チーム数 32 (6連盟)
開催地数 10 (9都市)
大会結果
優勝 スペインの旗 スペイン (1回目)
準優勝 オランダの旗 オランダ
3位 ドイツの旗 ドイツ
4位 ウルグアイの旗 ウルグアイ
大会統計
試合数 64試合
ゴール数 145点
(1試合平均 2.27点)
総入場者数 3,178,856人
(1試合平均 49,670人)
得点王 ドイツの旗 トーマス・ミュラー
(ゴールデンブーツ賞)
スペインの旗 ダビド・ビジャ
オランダの旗 ヴェスレイ・スナイデル
ウルグアイの旗 ディエゴ・フォルラン(5点)
最優秀選手 ウルグアイの旗 ディエゴ・フォルラン
 < 20062014

2010 FIFAワールドカップ: 2010 FIFA World Cup

2010年6月11日から7月11日にかけての31日間、南アフリカの9都市10スタジアムを舞台に開催された第19回FIFAワールドカップ。オリンピックを含め、アフリカ大陸で初めて開催された世界的なスポーツ大会という歴史的意味をもつ。出場は32チーム。優勝はスペイン。岡田武史監督率いる日本代表はグループリーグをカメルーンに1-0、オランダに0-1、デンマークに3-1と2勝1敗の2位で突破、国外で開催されたワールドカップでは初めての勝利、初めての決勝トーナメント進出を果たした。その1回戦ではパラグアイと0-0で引き分け、PK戦3-5で敗退となったが、その奮闘は日本中を沸かせた。また、この大会に参加した日本人レフェリー西村雄一、副審・相樂亨、韓国人副審・鄭解相(チョン・ヘサン)のトリオは、準々決勝を含む4試合を担当、決勝戦でも第4、第5審判に任命されるなど、高い評価を受けた

脚注

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: