操作

黒法師岳

黒法師岳
標高 2,068.09[1] m
所在地 静岡県浜松市天竜区
榛原郡川根本町
位置 東経138度1分46秒北緯35.19611度 東経138.02944度35.19611; 138.02944
山系 赤石山脈
黒法師岳の位置
<div style="position: absolute; z-index: 2; top: 構文エラー: 予期しない演算子 > です。%; left: 構文エラー: 予期しない演算子 > です。%; height: 0; width: 0; margin: 0; padding: 0;">
<div style="font-size: 90%; line-height: 110%; z-index:90; position: relative; top: -1.5em; width: 6em; 構文エラー: 予期しない演算子 > です。">
黒法師岳 (日本)
テンプレートを表示

黒法師岳(くろぼうしがたけ)は、静岡県浜松市川根本町の境界にある南アルプス深南部の山の一つ。標高2,068m[2][3]

この山には、変種の一等三角点が設置されていることで知られる。通常、三角点の柱石上面には+印が刻印されているが、この山頂にある三角点には×印が刻印されている。

また、国土地理院地形図に名前が記載されている2000m以上の山としては、日本国内で最南端に位置する山でもある[4]。よって、日本国内では黒法師岳より南に、黒法師岳より高い地点はない。

登山

山頂には展望がないが、直下のザレ場は西方の見晴らしが良い。登山道は、川根本町側の寸又峡温泉から前黒法師岳を経て山頂に至るルートと、浜松市(旧水窪町)側の戸中山林道からのルートがある。山中には山小屋はないが、麓の寸又峡温泉などに宿泊することはできる。

周辺の山

周辺には黒法師岳以外に、前黒法師岳(東側に約4km)や前黒法師山(西側に約4km)があって紛らわしいが、すべて別々の山である。

脚注

  1. 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. . 2014/07/15閲覧. “基準点コード TR15238603201”
  2. “標高値を改定する山岳一覧 資料1”. 国土地理院. http://www.gsi.go.jp/common/000091072.pdf . 2014閲覧. 
  3. GNSS測量等の点検・補正調査による2014年4月1日の国土地理院『日本の山岳標高一覧-1003山-』における改定値。なお、旧版での標高は2,067m。
  4. 黒法師岳の西南西約1.5kmの地点には、標高2,010mの無名峰(地図(バラ谷の頭、バラ谷山、三ツ合、と書くものもある)があり、これが日本最南端の2,000m峰である。

関連図書

  • 『三省堂 日本山名事典』三省堂、ISBN 978-4-385-15404-6
  • 『日本の山1000』山と溪谷社、ISBN 4-635-09025-6
  • 『新日本山岳誌』ナカニシヤ出版、ISBN 4-7795-0000-1
  • 『塩見・赤石・聖岳 2010年版(山と高原地図42)』昭文社、ISBN 978-4-398-75722-7
  • 『新・分県登山ガイド(改訂版) 静岡県の山』山と溪谷社、ISBN 978-4-635-02371-9
  • 『(改訂新版) 名古屋周辺の山』山と溪谷社、ISBN 978-4-635-18017-7
  • 『東海・北陸の200秀山 下(東海・信州編)』中日新聞社、ISBN 978-4-8062-0599-9