actions

黒板勝美

くろいたかつみ
[生] 1874.9.3. 長崎,大村
[没] 1946.12.21. 東京

明治末期~昭和の歴史学者。虚心と号する。 1896年7月東京大学史学科卒業後,田口卯吉を助けて『国史大系』『群書類従』を校勘。

のち東京大学史料編纂所に入り,史料編纂官,次いで 1919年東大教授となり,日本の古文書学を確立。

『古文書様式論』 (1903) を著わした。日本古代文化研究所を起し,その所長として藤原京を発掘。日本におけるエスペラント語の先駆者でもある。『国史の研究』『虚心文集』その他の著書がある。