actions

鬼界カルデラ

鬼界カルデラ(きかいカルデラ)

鹿児島県口之三島(くちのみしま)の硫黄島(いおうじま)(鬼界ヶ島)北西部から竹島を北縁とする東西約23キロメートル、南北約16キロメートル、面積約233平方キロメートルのカルデラ。1943年(昭和18)に地質学者松本唯一(ただいち)が提唱した、九州中部~南部に連なる阿蘇型大カルデラ群(あそがただいかるでらぐん)の一つ。この地域の基盤岩を覆う火砕流堆積物(たいせきぶつ)の分布や、海底地形から推定したもので、更新世(洪積世)末期、大噴火後に山体が陥没してできたと考えられる。カルデラ内に稲村岳、硫黄岳、1935年誕生の新硫黄島がある。



楽天市場検索: