actions

高知都市圏

高知都市圏
—  都市雇用圏  —
高知都市圏の位置
高知都市圏
座標: 東経133度32分北緯33.567度 東経133.533度33.567; 133.533
都道府県 高知県の旗高知県
中心都市 25x20px高知市
面積(2011)[1]
 - 計 1,919.27km2 (741mi2)
人口 (2010)[2]
 - 計 534,981人
域内総生産 (2010)[1]
 - 名目 1兆5331億円

高知都市圏(こうちとしけん)は、高知県高知市を中心とする都市圏である。

定義

一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。

「10% 都市圏(通勤圏)」

2010年国勢調査の基準では高知市を中心都市とした5市3町1村で都市雇用圏を形成し、2015年の人口は519,390人である[2][3]

都市雇用圏(10% 通勤圏)の変遷
  • 10% 通勤圏に入っていない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
物部村 - - - - - 高知 都市圏
534981人
香美市
香北町 - 高知 都市圏
514916人
高知 都市圏
523945人
高知 都市圏
541339人
高知 都市圏
545185人
土佐山田町 高知 都市圏
490401人
高知市 高知市
春野町
土佐山村
鏡村
南国市 南国市
土佐市 土佐市
赤岡町 香南市
香我美町
野市町
夜須町
吉川村
佐川町 佐川町
日高村 日高村
伊野町 いの町
吾北村 - - - -
本川村 - - - -
越知町 - - - 高知 都市圏 - 越知町
  • 2004年10月1日:本川村・伊野町・吾北村が新設合併し、いの町となる。
  • 2005年1月1日:鏡村・土佐山村を高知市に編入。
  • 2006年3月1日:赤岡町・香我美町・野市町・夜須町・吉川村が新設合併し、香南市となる。
  • 2006年3月20日:土佐山田町・香北町・物部村が新設合併し、香美市となる。
  • 2008年1月1日:春野町を高知市に編入。

定住自立圏

高知市・南国市・香南市・香美市により高知中央広域定住自立圏が形成され[4]、高知市は安芸市から高岡郡津野町までの18市町村との連携中枢都市圏の協約締結を目指している[5]

関連項目

脚注

座標: 東経133度32分北緯33.567度 東経133.533度33.567; 133.533