actions

高瀬荘太郎

高瀬 荘太郎(たかせ そうたろう、旧字体:髙瀨莊太郎)

[生] 1892.3.9. 富士宮 [没] 1966.9.4. 東京

商業学者,教育家。高瀬家は静岡県の地主で,祖父の代から殖産興業に尽力した。 1916年東京高等商業学校 (現一橋大学) 卒業後,母校の教授として欧米に留学して商学を研究し,24年母校の東京商科大学教授となり,もっぱら科学的な商業学の樹立に努めた。 40年同大学学長に就任。第2次世界大戦後は政界に転じ,参議院議員となり,吉田内閣の国務大臣,文部大臣,通産大臣,郵政大臣を歴任した。主著に『暖簾の研究』 (1930) がある。



楽天市場検索: