操作

高崎藩

高崎藩(たかさきはん)は、上野群馬郡群馬県高崎市)周辺を領した。藩庁は高崎城に置かれた。

概要

交通の要所でもあり、有力な譜代大名が封じられた。井伊家酒井家戸田松平家藤井松平家安藤家間部家大河内松平家が藩主となった。また、飛び地領として銚子に5000石ほどあり、飯沼陣屋を設置して知行した。

歴代藩主

井伊家

譜代 12万石

  1. 直政

酒井家

譜代 5万石

  1. 家次

戸田松平家

譜代 2万石

  1. 康長

藤井松平家

譜代 5万石

  1. 信吉

安藤家

譜代 5万6千石

  1. 重信
  2. 重長
  3. 重博

大河内松平家

譜代 5万2千石→6万2千石→7万2千石

  1. 輝貞

間部家

譜代 5万石

  1. 詮房

大河内松平家

譜代 7万2千石→8万2千石

  1. 輝貞
  2. 輝規
  3. 輝高 7万2千石→8万2千石
  4. 輝和
  5. 輝延
  6. 輝承
  7. 輝徳
  8. 輝充
  9. 輝聴
  10. 輝聲

幕末の領地

高崎五万石騒動

明治2年(1869年)10月に発生した一揆。古領の農民は「八公二民」という重い年貢が課せられており、明治2年の凶作を契機に騒動へと発展。佐藤造酒之助・高井喜三郎・小島文次郎の3人が主導者となった。このとき用いられた傘連判状は、高崎市の文化財に指定されている[1][2][3]

脚注

関連項目

先代:
上野国
行政区の変遷
1590年 - 1871年 (高崎藩→高崎県)
次代:
群馬県(第1次)