actions

駐日イタリア大使館

駐日イタリア大使館(ちゅうにちいたりあたいしかん、イタリア語: Ambasciata d'Italia in Giappone英語: Embassy of Italy in Japan)は、イタリア日本首都東京に設置している大使館である。在東京イタリア大使館イタリア語: Ambasciata d'Italia a Tokyo英語: Embassy of Italy in Tokyo)とも[1]

歴史

幕末1866年日伊修好通商条約を締結したことで日伊両国の間に初めて外交関係が結ばれたが、国交樹立直後の駐日イタリア外交使節団がどこに代表部を置いていたかは定かではない。現在のイタリア大使館がある敷地は、かつて伊予松山藩であったものを1924年まで松方正義公爵が住居として使っていた邸宅(旧松方公爵邸)であった。松方公爵没後の1928年、日本政府から新しいイタリア大使館の敷地所として旧松方公爵邸へ移転することを提案され、翌1929年に両者の間で合意がまとまり、1932年に旧大使館を引き払って現在の敷地に移転した。その後、1945年東京大空襲で大使官邸が焼け落ちて事務所もかなりの被害を受けてしまったが、戦後しばらく経ってからイタリアの建築家ピエール=フランチェスコ・ボルゲーゼ (Pier Francesco Borghese) と日本の建築家村田政真によって改築案がまとめられ、ボルゲーゼと村田が考案した設計に基いて1965年に新しい大使館が竣工されて、現在に至っている[1]

所在地

日本語 〒108-8302 東京都港区三田2-5-4[2]
英語 2-5-4 Mita, Minato-ku, Tokyo 108-8302[2]

大使

2017年5月11日より、ジョルジョ・スタラーチェitaliano版English版特命全権大使を務めている[3]

出典

関連項目

外部リンク

座標: 東経139度44分33秒北緯35.650722度 東経139.7425度35.650722; 139.7425

テンプレート:イタリアの在外公館 テンプレート:駐日外国公館