操作

韓国の医療

ファイル:OECD health expenditure per capita by country.svg
OECD各国の一人あたり保健支出(青は公的、赤は私的)[1]

韓国医療(Health care in Korea)は、単一支払者制度によるユニバーサルヘルスケアが実現されており、保険者は国民健康保険公団である[2]

韓国人の平均寿命は81.1歳であり、OECD平均を1歳ほど上回っている[3]。GDPに占める保健支出は7.4%[4] 、公費負担率は57%であった[1]。人口千人あたり医師数は2.0人[1]であった。自らを健康と考える人は少なく、OECD中で下から2位であった(日本は最下位)[5]

韓国社会は少子化が進んでおり、2014年の1000人あたり出生率は8.26人、これは世界で5番目の低さであった(日本は下から3番目)[6][2]

医療制度

ファイル:Oecd-healthfinancing.svg
OECD各国の財源別保健支出[1]
水色は政府一般歳出、紫は社会保険、赤は自己負担、橙は民間保険、緑はその他

韓国は1988年に社会保険組合方式のユニバーサルヘルスケアが整備された[2]。その後2000年に各保険者は統合され、国民健康保険公団(National Health Insurance Corporation、NHIC)が引き受ける単一支払者制度となった[2]。財源は保険料であり、加えて一般税収も投入されている[2]。また2008年からは介護保険制度が開始され、財源は保険料と国庫であり、保険者は国民健康保険公団である[2]

実際の保険料は、地域保険では2011年平均で世帯あたり月額6万2103ウォン(4784円)ほど[7]。低所得者向けの医療給付(公的扶助)も存在する[2]

医療情報化も進んでおり、診療報酬請求はEDI化されている[8]。またレセプト健康保険審査評価院(Health Insurance Review and Assessment Service、HIRA、건강보험심사평가원)により電子的に審査される[2][9]。。

韓国のITを活用した医薬品効用レビュー制度は、OECD中で最も広範囲なシステムであると評価されており[9]、このシステムにより各個人の処方について、既存の処方薬との衝突の有無をチェックされる[9]

医療の質については、National Evidencebased Health Care Collaborating Agency (NECA)が存在するが、その影響力は限られている[9]

課題

日本と同様に過剰診療、病床過多と社会的入院が指摘されている。人口一人あたりの受診回数はOECDで最多、人口あたり病床数は日本に次いで2位、平均入院日数は日本に次いで2位であった。また自殺率の高さも指摘され、OECDで1位であった[10]

脚注

参考文献

関連項目

外部リンク