actions

静岡ヘリポート

静岡ヘリポート(しずおかヘリポート)は、静岡県静岡市葵区諏訪8番地の10にある公共用ヘリポート。敷地面積は3.57ヘクタール。

概略

地震等の災害発生に備えて地上交通を補うことと併せて、高速交通時代に先駆け市民がヘリコプタ−を交通手段の一つとして選択できるよう設置された、静岡県で初めての公共用ヘリポ−トである。

静岡県消防防災航空隊静岡市消防局航空消防隊2008年4月発隊・同年10月運航開始)の消防防災ヘリコプターといった公共機関をはじめとして、朝日航洋静岡エアコミュータ中日本航空東邦航空ファーストエアートランスポートおよびオールニッポンヘリコプターが拠点とする。

民間航空会社の一部は、在静・在山梨のマスコミ各社[1]とそれぞれ個別に定期契約を結んだ取材用ヘリコプターを運航しており、取材のためのフライトは発着時間帯以外にも行われることがある。

公益財団法人静岡市まちづくり公社(旧:財団法人静岡市振興公社)が管理を受託している。遊水地指定区域の為、ヘリポート自体を柱で持ち上げた「高床式」(標高10.5m)になっている。

脚注

  1. 当地にヘリコプターを常駐させているのは、NHK静岡放送局および静岡放送テレビ静岡静岡朝日テレビ静岡第一テレビのテレビ各社(ラジオ兼営局含む)、さらに静岡新聞社及び山梨日日新聞社。なお、静岡第一テレビは山梨放送との共同運航という形をとっている。
    静岡放送と静岡新聞社はそれぞれ個別に取材用ヘリコプターを契約しており、それらすべてがここに常駐していることとなる。

関連項目

外部リンク