操作

阪神・淡路大震災

阪神・淡路大震災.png
阪神・淡路大震災2.jpg

(はんしん・あわじだいしんさい)

1995年1月17日午前5時46分頃,兵庫県南部で発生したマグニチュードM)7.3(気象庁)の地震。気象庁による正式名称は「平成7年(1995年)兵庫県南部地震」

震源は北緯 34°35.7′,東経 135°02.2′。震源の深さは約 16km。六甲・淡路島断層帯の一部が淡路島北部から阪神地区にかけて活動したために発生した内陸地震。

震源は明石海峡付近にあり,地震波から推定された断層は震源から北西―南東方向に延びた長さ 40~50kmの横ずれ断層で,その平均的なすべり量は約 2mである。淡路島北部の野島断層では地表に地震断層が現れた。

東北地方南部から九州地方までの広い範囲で有感となった。最大震度は気象庁の現地調査により断層に沿う神戸市芦屋市西宮市宝塚市北淡町で震度 7に達していたことがわかった。この地域では 1596年に M7規模の慶長伏見地震が発生している。また余震は断層に沿って長さ約 60kmにわたって分布し,本震の約 3時間後に最大余震(M5.4)が発生した。

人的被害は死者 6434人,行方不明者 3人,負傷者 4万3792人(総務省消防庁)。建物の被害も大きく,全壊 10万棟あまりを含む半壊および一部損壊を合わせた被災家屋数は約 64万棟。269件の建物火災が発生し,全焼家屋数は約 7000棟に上った。

鉄道や道路の橋梁および高架橋などの落下,港湾地区での広範囲にわたる液状化の発生,また断水,停電,ガス供給停止など都市基盤の被害も甚大であった。

東海道山陽新幹線の新大阪―姫路間は 1995年4月20日までの約 3ヵ月間不通となった。政府はこの地震災害を「阪神・淡路大震災」と命名した。