操作

関町

せきちょう
関町
廃止日 2005年(平成17年)1月11日[1]
廃止理由 新設合併
亀山市、関町亀山市[1]
現在の自治体 亀山市[1]
廃止時点のデータ
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
鈴鹿郡
団体コード 24361-2
面積 79.88km2.
総人口 7,277
(2004年11月1日)
隣接自治体 三重県
亀山市、伊賀市
安芸郡芸濃町
滋賀県
甲賀市
座標 東経136度23分27.1秒
北緯34度51分16.9秒
ファイル:Map.Seki-Town.Mie.PNG
 表示 

関町(せきちょう)は、三重県鈴鹿郡にあった2005年(平成17年)1月11日に亀山市と合併し、新しい亀山市となったため廃止された[1]

中心地区である関宿は、江戸時代東海道五十三次で、鈴鹿峠越えを控え、大和街道・伊勢別街道へ分岐する宿場町として栄えた。

歴史

行政

  • 町長:清水孝哉

交通

鉄道

道路

公共施設

教育

  • 中学校
    • 関中学校
  • 小学校
    • 加太小学校
    • 関小学校

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 加藤新市(2015年1月9日). “亀山市:合併10年 11日に記念式典−−市文化会館”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. 2.0 2.1 各種事務事業の取扱い(社会教育事業)について”. 亀山市・関町合併協議会 (2003年). 2016年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2016閲覧.

参考文献

関連項目