actions

長瀬産業

長瀬産業株式会社(ながせさんぎょう、英称:NAGASE & CO., LTD.)は、大阪本社(本店)を大阪府大阪市西区に、東京本社を東京都中央区に置く、主に化成品医薬品事業を中心とした複合商社である。

同じく大阪に本社を置いている伊藤忠商事阪和興業岩谷産業稲畑産業山善などと並ぶ在阪商社の一つである。

概要

創業者の長瀬伝兵衛1832年天保3年)6月18日に京都西陣で、染料澱粉などの取り扱いをおこなう「鱗形屋」(うろこがたや、源流企業)を創業した。その後1898年明治31年)、大阪に本社を移すと、以後は化成品卸業を専業に事業を展開する。現在でも医薬品写真材料などの卸売事業を中心としており、自社内に研究所(ナガセR&Dセンター)が存在する。

かつてはイーストマン・コダックの日本総代理店としても知られる一方、その他にもダウ・ケミカルゼネラル・エレクトリックなどの企業とも結びつきが深いことで知られる。また創業から今日まで、創業者一族による企業経営がなされている。

2011年8月3日には同年に経営破綻した林原グループの再建スポンサーになり[1]、2012年2月3日付けで株式会社林原に対して100%増資を行って完全子会社とした。

事業所

沿革

関連会社

  • 林原
  • ナガセプラスチックス(株)
  • ナガセケミカル(株)
  • オー・ジー長瀬カラーケミカル(株)
  • ナガセ物流(株)
  • ナガセエレックス
  • ナガセケムテックス(株)
  • ナガセ医薬品(株)
  • 本州リーム(株)
  • 東拓工業(株)
  • (株)ナガセビューティケァ
  • エクス・グレード(株)
  • (株)東洋ビューティサプライ
  • 報映産業(株)
  • 寿化成工業(株)
  • セツナン化成(株)
  • ナガセ情報開発
  • 長瀬ランダウア(株) :米Landauer社との合弁(50%)

関連項目

  • IMAGICA - 元々当社のフィルム現像部門を分社化したものが母体で[2]設立当初の社名は東洋現像所。外式現像方式のコダクローム指定現像所であった。映画フィルムの現像でも強みを発揮し、現在はデジタル映像編集では国内大手で、様々な映画、CMなどの編集や制作も行っている。 現在は直接の資本関係こそないが、事実上の兄弟会社。

脚注

外部リンク