actions

釜石線


釜石線(かまいしせん)岩手県花巻市花巻駅釜石市釜石駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線地方交通線)。

愛称は「銀河ドリームライン釜石線[1]。これは釜石線の前身である岩手軽便鉄道が、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』のモデルと言われていることに因む。同じく宮沢賢治の『シグナルとシグナレス』は、東北本線と釜石線の信号機を擬人化し、男女に見立てた恋物語である。また、宮沢賢治が作品中にエスペラント語の単語をよく登場させていたことから、各駅にエスペラントによる愛称が付けられている[1]

2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災で一部が被災し運休したものの、翌月には全線での運行を再開した。


脚注




楽天市場検索: