actions

金性洙


金 性洙(キム・ソンス、朝鮮語: 김성수光緒17年9月9日1891年10月11日) - 1955年2月18日

韓国の教育家,政治家。号は仁村。 1914年早稲田大学政経学部卒業後帰国,15年中央学校校主となり,19年京城紡織株式会社を設立,20年朝鮮語 (ハングル) による民間紙『東亜日報』を創刊。 29~31年欧米旅行ののち,32年普成専門学校 (現高麗大学校) の校主を引受けるなど,民族ブルジョアジーとして教育,産業,言論で植民地朝鮮のナショナリズムをリード。 45年解放とともにアメリカ軍政庁顧問会議長,46年韓国民主党首席総務 (党首) として政府樹立に活躍し,51年第2代副大統領に選ばれたが,イ・スンマン (李承晩) の独裁に反対して 52年辞退。野党を指導しつつ,55年2月 18日朝鮮戦争中に避難地釜山で病死した。




楽天市場検索: