操作

(さん、: acid

(1) 狭義には水溶液中で水素イオンを生じ,塩基と反応して塩を生じる物質。1分子あたり n 個の水素イオンを放出する酸を n 塩基酸という。酸の強弱は水素イオン放出反応 (電離) の平衡定数 (電離定数または酸解離定数) の大小によって決められる。無機酸には中心原子に結合する原子がすべて酸素で,その一部または全部に水素が結合して OH基となるものが多い。水溶液中では OH基の水素が放出されて水素イオンを生じて酸の性質を現すものが多く,これを酸素酸またはオキソ酸という。硫酸,硝酸などはこの例である。これに対し,塩酸 HCl のように酸素を含まない酸を水素酸という。有機酸では分子中にカルボキシル基を含むものをカルボン酸,スルホン基を含むものをスルホン酸と呼ぶ。

(2) 広義にはプロトンを放出する性質をもつ物質はすべて酸であり,プロトンを取入れるものはすべて塩基であるという定義が,1923年デンマークの化学者 J.ブレンステッドによって提出された。これは非水溶媒中の反応を含めて記述するのに非常に有用である。 (ブレンステッド=ローリーの定義 )

(3) 23年 G.ルイスは,相手に電子対を与え,相手と共有結合を形成するものが塩基,電子対を受ける相手が酸であると定義した。これは錯形成反応などを論じるのに便利で,適用範囲が最も広い。 (ルイス酸 )  



Rakuten 楽天市場検索: