操作

エチルアルコールを含む致酔飲料。習慣上清酒を意味することが多い。

日本の酒税法上は1%以上のアルコールを含む飲料を酒類として清酒,合成清酒,焼酎,味醂,ビール,果実酒類,ウイスキー類,スピリッツ類,リキュール類,雑酒の 10種に分類され,表示が義務づけられている。酒類は古来,世界各地でそれぞれの原料を使って製造されてきており,多くの種類があるが,原料中の糖分が酵母の作用で発酵してアルコール分を含有するようになるのが通常である。製造法により次の3種に大別される。 (1) 醸造酒 発酵した液体を直接に製品化したもので,アルコール濃度は低いものが多い。 (2) 蒸留酒 発酵液を蒸留して製品とするもので,アルコール濃度は高い。 (3) 混成酒 (1) ,(2) を原料として香料,着色剤などを添加し,調合したもの。