操作

連邦首都地区 (ナイジェリア)

連邦首都地区
Federal Capital Territory
愛称 : 統一の中心
連邦首都地区の位置
ナイジェリアの国旗 ナイジェリア
首都アブジャ
設置日1976年2月3日
公用語英語
面積7,315 km²
人口
 -2006年 国勢調査¹

1,405,201
大臣アリユ・モディッボ・ウマル (PDP)
ISO 3166-2NG-FC
公式サイトFederal Capital Territory Administration

¹ 予備調査

連邦首都地区 (Federal Capital Territory, FCT) は、ナイジェリアの中央部に位置するアブジャの首都圏である。ニジェール川ベヌエ川の合流点の北に位置する。1996年以降、北にカドゥナ州、東にナサラワ州、南にコギ州、西にナイジャ州と接する。

概要

ビアフラ戦争後の1976年に、12州から19州に再編された際に国土の中央に位置するとして、それまでの北西部州、ベヌエ=高原州、北部中央州の領域から分割され、設置された。1991年には、首都機能もラゴスから移転された。サバンナで岩山が点在する。

住民

先住民はほぼグワリ族で南西部にイグビラ族が住む[1]

地区議会

他の州の地方政府議会に相当する6つの地区議会が置かれている。

  • アブジャ
  • アバジ
  • クジェ
  • グワグワラダ
  • クワリ
  • ブワリ

脚注

  1. ethnic group map of federal capital territory by local government area, ナイジェリア国家統計局。2008年7月7日閲覧。

テンプレート:ナイジェリアの州

テンプレート:NG-stub 座標: 東経7度10分北緯8.833度 東経7.167度8.833; 7.167