操作

軍事境界線 (朝鮮半島)

軍事境界線(朝鮮半島)
各種表記
ハングル 군사분계선
漢字 軍事分界線
発音 グンサブンゲソン
日本語読み: ぐんじきょうかいせん
英語表記: Military Demarcation Line (MDL)
テンプレートを表示

朝鮮半島における軍事境界線(ぐんじきょうかいせん、朝鮮語: 군사분계선英語: Military Demarcation Line〈略称:MDL〉)

陸上において大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との実効支配地域を分割する地帯のことである。

あくまで実効支配地域の「境界線」であり、「国境線」ではない。これは、両国が主張する領土が、朝鮮半島全域および島嶼部とするもので互いに一致(重複)していることと、後述の休戦状態とが関係している。

朝鮮戦争の休戦ラインであり、1953年7月27日朝鮮戦争休戦協定により発効した。軍事境界線の周囲には、南北に幅約2キロメートルずつ(計約4キロメートル)の非武装中立地帯が設定されている。また、韓国においては北緯38度線付近にあることから38線(삼팔선:サムパルソン)と呼ばれることが多く、日本においては38度線と言及されることがある。この境界線は海上にも延伸しており北方限界線(NLL)と呼ばれるが、韓国側と北朝鮮側で主張するラインが大きく異なり、紛争が度々起きている。

出典



Rakuten 楽天市場検索: