操作

赤道

せきどう、英語: Equator、スペイン語: Ecuador、ポルトガル語: Equador

一般に自転している球体あるいは回転楕円体の対称軸に垂直な対称切断面による切り口として生じる円をいい,地球上では地心を通り地軸に垂直な平面の地表との交わりがこれにあたる。天文学上では主として地球の自転軸に垂直な平面が天球と交わってできる大円を赤道あるいは特に天の赤道といい,球面天文学において最も重要な座標の基準となる。天の赤道は自転軸の歳差によって約2万 6000年の周期で移動し,また章動によって約 19年周期で変化する。この章動による変化を考慮せず歳差だけを考慮したものを平均赤道といい,真の赤道と区別する。