操作

葛西村

この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記ファイル:Katsushika-Katsu.pngと異なる可能性があります。
葛西村
廃止日 1932年10月1日
廃止理由 編入合併
松江町瑞江村葛西村鹿本村篠崎村
小岩町小松川町東京市江戸川区
現在の自治体 江戸川区
廃止時点のデータ
地方 テンプレート:地方区分東京府
都道府県 東京府
南葛飾郡
総人口 9,326
国勢調査1930年
隣接自治体 【東京府】
南葛飾郡砂町、小松川町、松江町、瑞江村
千葉県
東葛飾郡浦安町
 表示 

葛西村(かさいむら)はかつて東京府南葛飾郡に存在した自治体。現在の東京都江戸川区の南部に位置する。江戸川区の地名として現存する。

歴史

沿革

  • 1889年(明治22年)5月1日 - 町村制の施行に伴い、東宇喜田村、長島村の各全域と、以下の4村の各一部が合併して成立(カッコ内は残部の編入先)。
    • 桑川村(船堀村
    • 西宇喜田村(船堀村)
    • 下今井村(瑞穂村
    • 二ノ江村(瑞穂村)
  • 1932年(昭和7年)10月1日 - 南葛飾郡全域が東京市に編入。葛西村の区域は江戸川区となる。

交通

現在は東京メトロ東西線葛西駅西葛西駅が存在するが、葛西村が存在した当時は開業していなかった。

現在の地名

宇喜田町北葛西(一丁目の一部は旧船堀村)、中葛西西葛西東葛西南葛西堀江町(現在の葛西地区に存在する清新町臨海町は合併後に編入された公有水面埋立地)

関連項目