操作

若乃花幹士 (初代)

初代 若乃花 幹士(わかのはな かんじ)本名:花田 勝治(はなだ かつじ)、1928年(昭和3年)3月16日 - 2010年(平成22年)9月1日

第45代横綱。本名花田勝治。1946年11月に初土俵を踏み,1950年1月に新入幕。軽量ながら強靭な足腰でがっぷりと組むとびくともしなかった。正攻法の四つ相撲を通し,左四つの右上手投げ,右四つの豪快な呼び戻しはファンを熱狂させ,「土俵の鬼」の異名をとった。1958年1月場所後に横綱に昇進,ライバルの横綱栃錦(栃錦清隆)とともに「栃若時代」を築いた。1962年5月引退,優勝 10回のうち全勝 1回。花籠部屋から独立して二子山部屋を創設し,2代目若乃花,隆の里の 2横綱,実弟の貴ノ花,若嶋津の 2大関ら多くの関取を育てた。貴ノ花の息子である 3代目若乃花,貴乃花の兄弟横綱の伯父。1988年春日野清隆理事長の勇退をうけて日本相撲協会理事長に就任,1992年に勇退して相談役となる。1993年二子山部屋と藤島部屋とを合併し,年寄名も兄弟で交換した。1993年3月に相撲協会を定年退職したのち相撲博物館館長に就任,1996年まで務めた。

脚注



Rakuten 楽天市場検索: