操作

良岑安世

よしみねのやすよ

[生] 延暦4(785).京都
[没] 天長7(830).7.6. 京都
平安時代初期の廷臣。桓武天皇の皇子。延暦 21 (802) 年良岑朝臣の姓を賜わった。官職は大納言に進んだ。

漢詩をよくし,『経国集』編集の一人。