actions

群論

群論(ぐんろん、英語: group theory

群の理論およびその応用に関して研究する数学の一分科をいう。歴史的には 18世紀末の J.ラグランジュらによる高次方程式の代数的解法に関連して,まず置換群の概念が導入された。やがて N.アーベルや E.ガロアによる代数方程式の研究では,群の概念がその中心的な役割を果すこととなり,群の重要性が認識されるようになった。その後,A.コーシーらの研究により,19世紀なかばに群概念の基本的な完成がみられた。しかし群の理論が一般化され,数学全般に影響をもつようになったのは,その後の研究,特に A.ケーリー,L.クロネッカー,F.クライン,M.リーなどの業績によるものである。



楽天市場検索: