actions

筒井順尊

筒井 順尊(つついじゅんそん、宝徳3年(1451年) - 長享3年7月22日1489年8月27日))は、室町時代後期から戦国時代前期の武将。大和国人筒井氏当主。筒井順永の子。成身院順盛安楽坊順憲遊佐長直の妻の兄。順賢順興の父。栄藤。舜覚坊。

当時の大和は畠山義就畠山政長が対立した影響で国人も2派に分かれて抗争していた。筒井氏は政長派に属し、応仁の乱では順尊は父順永と共に義就派の越智家栄古市澄胤と大和で戦った。

しかし、文明8年(1476年)に父が死去、翌年9月に畠山義就が河内に下向して政長派を撃滅・制圧すると越智家栄らも勢いづいて順尊・箸尾為国らを大和から追放、河内と大和は義就の手に入った(正式な守護は政長と興福寺だが、義就が実力で取得した)。結果、順尊ら政長派は流浪の身となってしまった。後に十市遠清遠相父子も大和から脱出した。

その後は大和で度々ゲリラを仕掛けるがその度に敗北、復帰を果たせぬまま長享3年(1489年)7月22日、京都で死去。享年39。

テンプレート:大和筒井氏当主