actions

秋田都市圏

秋田都市圏
—  都市雇用圏  —
秋田都市圏の位置
秋田都市圏
座標: 東経140度07分北緯39.717度 東経140.117度39.717; 140.117
都道府県 秋田県の旗秋田県
中心都市 25x20px秋田市
面積(2011)[1]
 - 計 1,524.32km2 (588.5mi2)
人口 (2010)[2]
 - 計 412,968人
域内総生産 (2010)[1]
 - 名目 1兆4037億円

秋田都市圏(あきたとしけん)は、秋田県の県庁所在地である秋田市を中心とした都市圏のことである。

官公庁の定義

秋田広域都市圏

秋田広域都市圏の地図(市町村合併前)

秋田広域都市圏とは秋田県が指定する広域都市圏の1つで、秋田周辺地域とも呼ばれる。この地域は秋田地域振興局が管轄し、以下の自治体が含まれる。

主要指標

秋田広域都市圏(秋田地域振興局管内)の主要指標は以下の通り。

秋田広域都市圏の人口推移(人)

1920年 204,177
1930年 229,522
1940年 246,448
1950年 321,954
1960年 352,340
1970年 371,056
1980年 419,442
1990年 430,240
1995年 437,432
2000年 439,831
2005年 438,496

秋田市都市圏

国土交通省による追加条件付の 5 % 通勤圏。定義は都市圏#国土交通省の定義。範囲は図を参照されたい。(参照[1]

以下の自治体が含まれる。

民間の定義

都市雇用圏

金本良嗣・徳岡一幸によって提案された都市圏の一種。細かい定義等は都市雇用圏に則する。

秋田市を中心市とする都市雇用圏(10 % 通勤圏)の人口は約45万人(2000年国勢調査基準)。

秋田市の 10 % 通勤圏は、秋田広域都市圏の構成自治体から大潟村を除いた全域と、秋田平野横手盆地の境界部にある仙北郡の旧協和町、および、由利本荘市北部の旧由利郡岩城町となっている。

都市雇用圏の変遷

  • 秋田市の 10 % 通勤圏に入っていない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80-'00)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
大潟村 - - - - - - 大潟村
若美町 - - 秋田 都市圏
450274人
秋田 都市圏
452316人
秋田 都市圏
435144人
秋田 都市圏
413968人
男鹿市
男鹿市 - 秋田 都市圏
429178人
昭和町 秋田 都市圏
384718人
潟上市
飯田川町
天王町
八郎潟町 八郎潟町
五城目町 五城目町
井川町 井川町
秋田市 秋田市
河辺町
雄和町
協和町 大仙 都市圏 大仙 都市圏 大仙市
岩城町 由利本荘 都市圏 由利本荘 都市圏 由利本荘市

秋田広域都市圏の重要交通施設

秋田市
男鹿市
潟上市天王
  • 江川漁港

脚注

  1. 1.0 1.1 金本良嗣. “2010年 大都市雇用圏統計データ”. 東京大学空間情報科学研究センター. . 2017閲覧.
  2. 平成26年度総合調査研究(地域経済の将来動向分析に関する調査研究)”. 経済産業省. . 2017閲覧.

外部リンク