操作

硫酸

硫酸
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
{{{画像alt3}}}
識別情報
CAS登録番号 7664-93-9 チェック
EC番号 231-639-5
国連/北米番号 1830
RTECS番号 WS5600000
特性
化学式 H2SO4
モル質量 98.08 g mol−1
外観 無色の油状液体
密度 1.84 g cm−3, 液体
融点

10 °C, 283 K, 50 °F

沸点

290 °C, 563 K, 554 °F

への溶解度 任意に混和
酸解離定数 pKa −3
粘度 26.7 cP (20 °C)
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −813.989 kJ mol−1
標準モルエントロピー So 156.904 J mol−1K−1
標準定圧モル比熱, Cpo 138.91 J mol−1K−1
危険性
安全データシート(外部リンク) ICSC 0362
GHSシグナルワード 危険 / Danger
Hフレーズ H314
EU分類 腐食性 (C)
EU Index 016-020-00-8
NFPA 704
NFPA 704.svg.png
0
3
2
W
Rフレーズ R35
Sフレーズ S1/2 S26 S30 S45
引火点 不燃性
関連する物質
関連する強酸 セレン酸
塩酸
硝酸
関連物質 発煙硫酸
二酸化硫黄
三酸化硫黄
ペルオキソ一硫酸
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

硫酸(りゅうさん、: sulfuric acid

化学式 H2SO4 。工業上最も重要な酸の1つ。8世紀頃より知られているが,現在では硝酸式製造法 (鉛室法および塔式) および接触式製造法により大量に生産されている。常温では無色の液体で,濃度の高いものは油状を呈する。分子量 98.08,純粋な硫酸は比重 1.834 (18℃) ,融点 10.49℃。加熱により 290℃で分解しはじめ,約 317℃で沸騰する。水と混ぜると多量の熱を発生する。強い脱水作用があり,また加熱時は強い酸化作用を呈する。強い二塩基酸であるが,金属との反応は硫酸の濃度,温度,金属の種類などにより異なる。有機化合物とは付加,脱水,酸化,スルホン化などの諸反応を起す。化学工業の基礎原料であるばかりでなく,金属製錬,製鋼,紡織,製紙,食料品工業などきわめて広い範囲にわたって使用される。すなわち硫安 (硫酸アンモニウム ) など硫酸塩の製造のほか,硝酸,リン酸,塩酸などの製造に使われる。また触媒,脱水剤として,あるいは酸化助剤,還元助剤として広く使われ,鉄鋼,黄銅などの酸洗い,石油,油脂の精製,デンプンや木材の糖化,蓄電池,媒染剤などとして大量に使われる。




Rakuten 楽天市場検索: