actions

田中康夫

田中 康夫(たなか やすお、1956年4月12日 – )

作家、政治家。東京都武蔵野(むさしの)市生まれ。1976年(昭和51)一橋大学法学部入学。大学在学中の1980年に執筆した『なんとなく、クリスタル』で文藝賞を受賞。流行のファッションや店を登場させた新しい感覚の同作品は「クリスタル・ブーム」を巻き起こした。1981年一橋大学卒業。小説やエッセイを書くかたわら、テレビタレントとしても活躍する。2000年(平成12)10月に行われた長野県知事選挙で当選、史上最年少の県知事となった。すべての公共事業を見直すことを公約、翌2001年2月には「脱ダム宣言」を表明、2002年6月浅川、下諏訪(しもすわ)両ダムの建設中止を決定した。これをきっかけに7月、県議会で不信任決議案が可決され失職したが、同年9月に行われた知事選挙で再選された。2005年郵政民営化法案に反対して自由民主党を離れた国会議員とともに新党日本を結成、党代表に就任。2006年8月、3選をかけた知事選挙で落選するが、2007年の参院選(比例代表)に出馬、当選した。2009年8月の総選挙で兵庫8区から出馬して当選、参議院から衆議院に鞍替えした。



楽天市場検索: