操作

現在

現在(げんざい、まれに見在の表記も[1]

時は基本的に過去,現在,未来の3つに区分される。しかし,現在は,ほかの2つに比べると意識と実践に関して著しい優越性をもつ。意識において過去や未来が,いずれも「について」意識され,しかも,いまの意識によって意識されるものであるのに対し,現在は,それと同時に意識するものとしてありうる唯一の時である。他方,人間の行為の面からみると,現在は人間が自由に行為することを許された唯一の時である。この点から,過去は必然性に,現在は自由に,未来は可能性に関係づけられることがある。現在のこの2つの優位性は,早くから注目されていて,その永遠化の試みは,古来,宗教哲学において絶えず行われてきた。




Rakuten 楽天市場検索:



  1. 藤堂明保ほか編 『漢字源』 学研教育出版、2011年、改訂第5版。ISBN 978-4-05-30101-3。