actions

炭素税

炭素税(たんそぜい, carbon tax)

地球温暖化防止を目的に,石油や石炭をはじめとする化石燃料に課する税。炭素税ともいう。課税することにより化石燃料の消費量を減らし,温暖化の主要原因である二酸化炭素(CO2)の排出を減らす一方,税収を温暖化対策などに充当し,環境保全の推進に役立てるもの。1990年に導入したオランダ,フィンランドをはじめ,スウェーデン,ノルウェー,デンマーク,ドイツ,イタリア,イギリス,スイスなど,ヨーロッパ各国で実施されている。また,アメリカ合衆国やカナダは自治体レベルで導入している。日本では 2012年10月から CO2排出量に応じて石油,ガス,石炭に課税する「地球温暖化対策のための税」が導入された。

脚注

関連項目



楽天市場検索: